酷い頭痛が頭部帯状疱疹の初期症状だったなんてビックリしたよ

こんにちは。

今の帯状疱疹の状態は頭部の左半分に出来た疱疹とまぶたの腫れも引き薬の量も減りました。

今回は帯状疱疹について書いていきます。

私の場合は初期症状では疱疹は無く頭の左半分に痺れるような痛みと、こめかみに不定期に刃物で刺されたような激痛が来ました。

痛みが我慢できないレベルなので、ウドンターニー市街の軍の病院Fort Prachaksilapakhom Hospitalにバイクで行きました。

Fort Prachaksilapakhom Hospital

男性の先生に診察してもらうと、肩こりから来る頭痛だと言う事で、リハビリ整体科に行くように言われ整体師の先生に診てもらうが、先生は肩こりではないので来週専門の先生が来るので来週に又来てくださいと言われ痛み止めとコリをほぐす薬を受取り帰宅する。

翌日も痛みは治らず頭部の左に小さな疱疹が出来る。

2日後も痛みは治らず疱疹が大きく数も増えてくる。

三日後に左まぶたが腫れ、疱疹はさらに大きく増えて痛みも治まらない、片目でバイクの運転は危険なのでソンテウ(乗り合いトラック)で軍病院に行く。

腫れたまぶた

今回は女性の先生でした、診察してもらうと帯状疱疹との診断、目に影響が出ている可能性があるので眼科でも診察、こちらも女性の先生で、診察結果は目には異常なしと言う事で一安心、注意事項として家族とタオルの共用禁止と言われました、飲み薬と塗り薬、目の軟膏と目薬を受取り帰宅。

帯状疱疹用飲み薬、一日4時間毎に1錠で5錠飲む

頭痛の薬、寝る前に半錠飲む

帯状疱疹用の軟膏、1日5回4時間毎に疱疹に塗る

帯状疱疹用の目の軟膏、1日5回4時間毎に下まぶたを開き注入

目薬、目の乾いた時にさす

帯状疱疹は以前ニュースで皇太子妃の雅子様がかかった病気だと記憶していたが自分がかかるとは思いもよらなかった。

先生の話では自分の体内にウイルスがいて体調が悪かったり体力が衰えていると出て来る病気だそうです。

私も年齢とともに体力が落ちてきているという事なんでしょうかね(-_-)

今回の薬を飲んだ次の日から頭の痛みが和らぎ、疱疹も小さくなり、まぶたの腫れは引き見やすくなりました。

一週間後再度ウドンターニーの軍病院の眼科で診察してもらうと殆ど治っていて問題ないとの診断、薬の量を減らし、薬が無くなった時に疱疹が綺麗に無くなっていたら再度の来院は無用と言われました。

今回の帯状疱疹ですが嫁に感染る事もなく終わったので良かったです。

しかし刃物で刺されるような痛みには参りました、初めに処方された痛み止めは、朝飲むと日中は効いていて痛みが和らぐのですが、夜には薬が切れて激痛に悩まされましたから(T_T)

先生の話だと再発する可能性も有るようなので頭が痛くなったら直ぐ軍病院の女性の先生に診てもらいます(^O^)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA