友人が来ると飲んでばかりいる

こんにちは。

前日友人の持って来た日本酒を飲んだのが朝まで少し残っています。
朝食は義母が買って来てくれたガイヤーンとソムタムとワカメとトンホーンの味噌汁です。
我が家が買うガイヤーンは町の中心の信号付き交差点の近くに毎朝出店する露天ガイヤーン店でニンニクの効いたタレで人気の店で何時も行列が出来ています。
ソムタムも同店で購入した物ですがやはりバンコクのソムタムと違い美味しいです、朝からビールが飲みたい気分ですが二日酔い気味なのでやめました。
朝食後は嫁に美容室で使う鏡台を買いたいから近くの家具屋に行きたい、と言われバイクで行きました、ベッドを買った家具屋とは違う大きな家具屋です、ベッドの種類も豊富で何故こちらで買わなかったのかと聞くと昨日まで知らなかったそうです。
鏡台も15種類ほど有り嫁は迷って私にどれがいいか聞くので、私は安い奴を指さしこれで良いんじゃないかと言うと、これは頑丈じゃないから駄目だと言う、ならば頑丈そうで安い奴を指さすと、これは鏡が小さいから駄目だと言う、結局高い奴で色だけ私好みの色に決定、住所を伝え後で届けてもらう。
家に帰り、忘れて行った携帯を見ると友人から着信が入っていた、電話すると、今プールサイドで飲んでるから来て飲もう、と言うのでトゥクトゥクで向かう、プールに着いて見るとタイウイスキーを飲んでいた、ビールを3飲んだ後にウイスキーを開けたらしい、つまみが無いのでフライドポテトとピザを注文、昼前の宴会開始。
友人は今日ウドンターニー市街に泊まり、明日の朝パタヤに行くので、2時間程飲んで宿をチェックアウトしてトゥクトゥクで一旦家まで帰る、家に着くと飲み足りない友人はビールを買って飲もう、と言い出す、仕方ないので付き合う、つまみは前日嫁が作った青菜と鶏肉の煮物、飲んでいると鏡台が届く、若い男性店員2人が素早く店に運び込んでくれた。
義息の仕事が一段落したので友人達をウドンターニー市街迄送って貰う、嫁と私も同行する、繁華街に近い1軒目のホテルは満室、少し離れた2軒目は空室が有り無事チェックインしたので帰ります。
帰宅して直ぐ眠くて昼寝する。
夕方まで寝てしまいました、起きてシャワーを浴びて頭をスッキリさせてからPCでネットTV鑑賞。
夕飯は前日の青菜と鶏肉の煮物と誠屋で買った高菜漬けを開けて食べてみます、高菜漬けは少し辛味が足らないです、残念。
夕食後もネットTV鑑賞して眠くなったら寝ました。

住所変更届とビザ延長しました

こんにちは。

寒いです、ウドンターニーはバンコクと比べて4℃程気温が低く寝る時はパジャマを着て薄手の布団が必要です、早朝は布団を掛けてないと寒くて起きてしまいます。
朝食は胚芽入り食パンのあんサンドと牛乳です。
今日はウドンターニーイミグレーションに住所変更届とビザの延長をしに行き、その後日本から友人が来るのでウドンターニー空港に迎えに行くきます、前日に義息は工場の事で役人に呼び出されコンケーンに行ってしまい車は使えないのでバイクで行きます。
ウドンターニー市街迄50分位掛かるので朝食後直ぐに家を出ました、イミグレーション近くのカシコンバンクで貯金残高証明書を発行してもらいに行くと案内係の女性に、今混んでいるので時間が掛かりますと言われる、もう少し早く来れば良かったかもと思うが、これ以上早いと気温が上がらず寒い中の50分のバイク運転は辛い、やはりこの時間がギリギリの線だな。
待っている途中停電が有り、ごたごたして行員の作業が中断したりして結局30分以上待った。
貯金残高証明書を受け取り直ぐイミグレーションに行く、所内に入り番号札を取り座って待つ、前日書き込んでおいた住所変更届とビザ延長書類のチェックをすると日付の記入漏れを見つけ記入する、20分程で呼ばれて書類を提出、所員が書類をチェックする、貯金残高証明書が気になるようで何時入金したとか質問されたがそのまま書類は上司に渡されチェックするとやはり貯金残高証明書に記入漏れが有るのでもう一度銀行に行き書き換えて下さいと言われ、急いで銀行に行き書き換えてもらい提出すると10分程でビザの延長は終了した。
その後嫁の美容室の機材等を買いに行き、買い物終了後に前日手配したピックアップトラックにウドンターニー空港に来てもらうように連絡、私達も空港に向かう、飛行機到着時間から30分後友人はゲートから出てきた、しかしトラックが来ない、待つ事30分やっとトラック到着、友人を乗せ美容室の機材を回収に行きバスターミナルまで友人の彼女を迎えに行き、家に先に行ってもらう。
私と嫁は新居に必要な小物類を買いにBigC迄行き購入後家に向かう。
帰宅する途中友人に電話するとビールを飲んでいるので何かつまみを買って来てほしいと言われたのでガイヤーンを買う、帰宅後直ぐ飲み始める。
嫁達は義母の作った昼食を食べます、外のテーブルで飲む昼間のビールは開放的で気分が良いです。
友人が夕食はムーカタ鍋が食べたいとリクエストが有ったのでムーカタの宅配を3人前注文する、夕方、食材と七輪と鍋をバイクで持って来た、七輪には火の着いた炭が入っており、直ぐ食べられるのでとても便利です。
日本に居た時はビールを1本飲めば焼酎等に切り替えていましたが、タイではビールだけを飲む事が多いです。
ムーカタは追加で3人前注文しました、暗くなって寒くなりましたが七輪の火が丁度良い暖房になりムーカタ宴会は9時位まで続き眠たくなってお開き、友人はトゥクトゥクで宿に帰り私は直ぐ寝ました。

さようならバンコク

こんばんは。

バンコクでの生活最後の日です、短かった1年半ですが色々な思い出も一杯あり寂しい気もします。
朝食はセブンイレブンの豚挽肉のつみれ入りお粥と温泉卵です、先日食べて味は良かったのでリピートしました。
今後食べる事は無いと思いますが電子レンジを気にしない人ならば美味しくて手軽で安いので良いんではないでしょうか。
朝食後はシャワーを浴びて、借りた扇風機と電気ポットを返して、シーツや枕や着替えた衣類等を鞄に詰め込み、1年半暮らした部屋とお別れです。
大家さんの所に行き部屋代の精算をしに行くと、大家さんが月末に電気と水道の使用量をチェックして前家賃から差し引いた分を銀行振込みするので、銀行の口座番号を教えてくれと言われメモ書きして渡し別れの挨拶しました。
1階でミニマートの夫婦にも別れの挨拶してアパートを出ました。
スティサンRDでタクシーを捕まえようと待ったがタクシーが来ません、やっと来たタクシーは空港行きを拒否、嫁は怒りまくって友人のコーヒー屋台の女店主に電話で旦那の車で空港まで送ってくれる様に頼んだのは良いが、こちらも中々来ない、待ってるうちに空車のタクシーが5台は通りました。
直ぐにタクシーに乗れると思っていましたが、50分位時間ロスしたので余裕が無くなり高速を使ってもらい空港まで行ってもらいました。
空港でチェックインカウンターに行くと沢山の人が並んでました、こんなに並んでいるのは初めてです、高速使わなければアウトだったかもしれません。
荷物検査していた時に便意が襲ってきました、検査後直ぐ近くのトイレに行くと清掃中でした、急いで搭乗口近くのトイレに行くと全部使用中、しかも1人待ってるよ、待つ事10分1人が出て更に待つ、そして10分先程入った人が先に出た、他の奴は何してるんだよ!
トイレから出ると嫁が入れ替わりでトイレに、その直後搭乗手続き開始、嫁がトイレから出て搭乗手続きして搭乗。
今回は時間に余裕が無かったです、歯車が1つ狂うとこんなもんなのかもしれません、嫁には今回の事を丁度良い時間で良かったと言っておきました。
ウドンターニー空港に着き携帯の電源を入れると義息から駐車場で待っていると電話が有り、預け荷物を受け取り駐車場で合流、昼食何食べるかと嫁が聞くのでベトナム料理が食べたいと言うと、義息はベトナム料理のドライブスルーに向かった、ベトナム料理のドライブスルーで注文して1分位でテイクアウト完了、新居に向かいます。
途中近所の家具屋でベッドを購入、電気屋でTVアンテナと受信機購入、実家に到着後直ぐベトナム料理を食べる、バンコクにも有ったが不味くて高かった、ウドンターニーとノンカイのベトナム料理は美味しい。
昼食後直ぐベッドが来て義父、義弟、義息で部屋に設置してくれた。
嫁は荷物の整理、私は下屋で昼寝、ウドンターニーはこの時期昼間でも日陰は涼しいので昼寝にはもってこいだ。
夕方近くなってもアンテナの取り付けに来ないので嫁が催促に行くと言うのでバイクで送る、店主は今行こうと思った所ですなんて言ってたが絶対嘘だ。
直ぐに設置しに来たが後30分遅かったら暗くて作業出来なかったと思われます。
夕食は豚肉と豚顔茹でとカオニャオです、豚は辛いタレを付けて食べます、素朴で美味しい。
夕食後は新居でネットTV見て過ごしました、ネットの速度は問題ないです。

何もない生活、荷物は一応無事に届きました

こんにちは。

嫁が朝一でアパート近くのセブンイレブンに朝食を買いに行ってくれました。
朝食はレンちんした豚挽肉のつみれ入りお粥と温泉卵です、電子レンジを使った食品は体に悪いので嫌なのですがこんな時なので諦めます。
この生活で一番嫌な事は冷たい水が好きな時に飲めない事です、タイで暮らすには冷蔵庫は必需品だと今更ながらに実感しました。
扇風機さえあれば、この生活も食事と水の問題以外は数日なら我慢出来ますが、長期は無理!
朝食後嫁がウドンターニーの義母に電話でトラックが着いたか聞くが未だ着いてないと言われ、トラックの運転手に電話する、今何所だと聞くとウドンターニー市街に入った所らしい、もう一度実家への道順を説明して電話を切る。
嫁は朝着くと言っていたのに遅いとブツブツ言って怒っている、私は全然気にならない、嫁はタイ人にしては真面目で時間には厳しい、待ち合わせには必ず時間前に行くし来ないと怒ります。
何処かに出かける時も早く出かけるので、私は嫁には少し遅らせた時間を言っておく、そうしないと到着場所で長い時間待つ事になるのを何度も経験しているからだ、最悪なのは待ち合わせの時でそして相手がタイ人だったらコチラが早く行き、相手が遅く来ると待ち時間が長くうんざりする事が有るのだ。
1時間後嫁がトラックに電話をすると教えた施設の近くに着いていると言うので実家までの詳しい道順を教えるとそんな建物は見当たらないと言う、トラックは違う町に着いていたようだ。
嫁もその町を知らない様で、義息にトラックの電話番号を伝え後のやり取りは義息にバトンタッチする。
嫁は顔が赤くなるほど怒り心頭でブースカ言いまくりだが、このトラックに決めたのは嫁本人である、始めはウドンターニーに帰る日の朝にトラックが来て荷物を積んだ後に私達は飛行機でウドンターニーに行くはずだったのに、2日早いがウドンターニーで嫁の実家付近出身の運転手のトラックが有るからそちらに変えると言って変えたのだ。
私は帰る当日の方が良いと言ったが聞かなかった嫁が悪いのだ、運転手は何処出身だろうと関係ない、地図が理解できれば誰でも出来る仕事だ、今回の運転手はきっと地図を理解できない奴だったのだろう。(タイ人は地図を理解できる人が少ない)
何だかんだで荷物が届いたのが11時過ぎで荷物を下し終わったのが12時前だった、嫁は義息に電話で冷蔵庫の冷凍と冷蔵へのしまう物の指示を出し終了。
午後は嫁が欲しがっていた日本語の旗を買いにラチャダムリのBigC内に有るダイソーに行く、バスで移動中嫁がカオマンガイが食べたいと言うので時間を見ると1時前なので大丈夫(2時には昼に営業終了する)バスを降りると先ずはカオマンガイ屋に行く、前回は大勢の人が並んでいて諦めたが今回は3組だけなので良かった、席に着き注文すると少しして炊き立てのカオマンが奥から来てその炊き立てを食べられた、美味しい!炊き立て美味しいぞ、満足してBigCに向かう。
ダイソーで招き猫と営業中の旗を買い、BigCでコチュジャンを買いバスでスティサン迄行き、駅近くの週末市で夕食の温野菜とナムプリックパトゥーと珍しくネームパーが売っていたのでつまみに買い帰宅。
アパートのミニマートでビール1本を買い部屋で早速晩酌、ネームパートートはやはり美味しい、嫁は温野菜をナムプリックパトゥーに付けカオニャオと一緒に食べている、私も少しだけ食べてお腹いっぱいになりました、美味しかった、ウドンターニーに帰る寸前でネームパートートを見つけるなんて悔しい。
食後はPCいじり、今日も嫁は寝てました、私も早めに就寝。

引っ越し荷物発送完了

おはようございます。

前日引っ越し業者から電話が有り、午後4時の引き取りを午後1時に変更して下さいと連絡がありました。
朝起きて朝食を食べます、今日も納豆とワカメとトンホーンの味噌汁です。
朝食後最後の片づけをします、嫁は食器類を私はTVや扇風機等の電化製品の梱包をしました。
最後に冷蔵庫の中身を発泡スチロールの箱に詰めます、前日大きめの発泡スチロールの箱を2箱追加で購入しておいたので余裕で詰める事が出来ました、下のミニマートで氷を大量に買って上に敷き蓋をガムテープで密封して終了。
扇風機が無いと暑いので、嫁がアパートに2日間のレンタル頼みに行きました、帰って来た嫁の手には扇風機ではなく電気ポットが・・・そうです、嫁はコーヒーを毎日数杯は飲まないと体調が悪くなると言う人でした、扇風機は後で大家さんが届けてくれるそうです。
最終の片づけも終わったので昼食にします、昼食は胚芽入り食パンに唐辛子入りハムとチーズとレタスを挟んだサンドウィッチです、これで冷蔵庫の食べてしまわないといけない物は完食しました。
昼食後引っ越し業者から電話が有り道を聞いてきました、嫁が聞くと直ぐ近くに来ているらしい、道順を説明して嫁はアパート前に出迎えに出る、私はPCいじってました。
10分位で引っ越し業者が来たと電話が有り、数分後に作業員2人と部屋に来た、荷物を確認して下に降りて行きましたが、嫁がトラックが小さいミニバンなので荷物が全て乗るか心配だと言っている、私にも見て来いと言うので見に行くと1トントラックのパネルバンタイプでした、見た目は小さいがミニバンより大きくパネルの高さも高いので荷物は思った以上に乗ります。
部屋に帰り嫁に言うがまだ心配らしい、作業員が台車を持って部屋に来ると、すかさず嫁は作業員に荷物が全部乗るのか聞いてみた、作業員は問題ないですよと答えた、でも嫁は信用していない様である。
作業員が作業に取り掛かると嫁は作業員に手伝いましょうかと聞くと、手伝いは要りませんので休んでいてくださいと言って作業を進めた、部屋から持って行く全ての荷物を駐車場まで下し終わると嫁は付いて行きトラックへの積み込み作業を見に行く、私はPCをいじってました。
少しして電話が有りバイクを乗せるのでカギを外して欲しいと言って来た、下に行くと嫁は笑顔で積み込み作業をする作業員と話していた、嫁はパネルを開けたトラックを見て中が広いのと作業員に説明を受けて荷物の不安は解消した様です、私はバイクを荷台に乗せるのを手伝って嫁に作業員へのチップを渡し部屋に戻りました。
部屋に戻ると直ぐに大家さんが扇風機を持って来てくれました、早速扇風機を回しエアコンを切ります、続けてPCいじり再開。
PCでネットTVを見ていたら嫁が戻って来ました、無事に出発した様です、これから会社に戻り夜にウドンターニーに向けて出発して翌朝に新居に荷物が届く予定です。
何もない部屋で嫁はやる事が無く寝るしかありません、私はPCが有るので問題なし。
夕食はアパートの食堂から出前を頼みました、私は何でも良いと言って嫁に任せたらパットプリックゲーンムーとゲーンチュームーサップと豚ひき肉入り卵焼きを頼んだようです。
食器が無いので食堂に合わせて持って来てもらいました、しかし箸が無いので食べ難かった、料理は美味しかったです。
夕食後は嫁はシャワーを浴びて早めに寝て、私はネットTVを見てから寝ました。